遺伝子組換え作物や農業生物製剤、更にデータ活用により、モンサントが行う技術革新とは生産性や効率を確実に高めることが出来る、かつ温室効果ガスを発生させないカーボン・ニュートラルな農業を改革することです。

モンサント曰わく精密農業を取り入れることにより、無駄な窒素肥料の大気中への放出を抑えること出来ると言います。人工衛星を利用して農地の画像をコンピューターでデータ分析することが出来れば、もっと確実な農業革命を起こすことが出来るのではないでしょうか。

そして農業革命のひとつの手段として遺伝子組換え作物の導入も大事なポイントとして位置づけられているのも事実です。耕さなくても雑草防除が実現出来れば農業の生産性はどう変わっていくのでしょうか。生産性を向上することが出来、同じ面積の土地でより多くの食料を生産できるため耕作面積の拡大抑制、更に農作物によるCO2吸収量も高めることが出来ます。

日本においても、農業ソリューションはICT(情報処理や通信に関連する技術、産業、設備)の利用により成長が可能になるものとして期待されています。ソリューション(solution)の「回答」は実際にはまだまだ出ていないのです。遺伝子組み換えだけがNGと決めつけるだけではなく生産性が向上し、私達が幸せな暮らしをするために遺伝子組み換えはどうかということを総合的に評価して行きたいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket