今、遺伝子組み換えということに対して、多くの批判を受けているモンサントという会社を軸として、農業ソリューションが何か、農業ソリューションで何を求めていかなければならないかということをそれぞれの人たちが考えていただきたいのです。

モンサントでは、農業を拡大すれば生産性の向上は生産者の利益につながるだけではなく、安定した食糧供給に繋がると考えています。しかし無秩序にそれを行えばいいということではありません。

温室効果ガスの影響による気候変動や利用可能な水資源の減少などの問題とも向きあって農業ソリューションが行われていかなければなりません。遺伝子組換え技術も、生産性を向上させるための技術のひとつであり、 化学農薬などによる作物保護技術、品種改良、精密農業、農地の天候や土壌のデータを管理、農業用生物製剤など様々な技術革新が行われています。

モンサントに対しては様々な批判は存在するものの、モンサントは問題解決するためにかなり努力をしている企業として捉えることが出来ます。それは他の企業がしている努力以上の努力と言えるのではないでしょうか。モンサントは遺伝子組み換えだけでなく、統合的な農業技術のソリューションを提案している企業なのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket